浮気調査が依頼できる評判のいい探偵・興信所

【浮気調査が依頼できる評判のいい探偵・興信所ガイド】全国版!

未分類

浮気の慰謝料を請求する方法!話し合いでの請求と調停での慰謝料請求

投稿日:

調停離婚

浮気の慰謝料を請求する方法は、色々な方法があります。

私が実際に浮気の慰謝料を請求した時のことと、調停での浮気の慰謝料請求についてまとめました。

話し合いで慰謝料を請求する方法

一番簡単な方法は、言い逃れできない裁判でも使える浮気の証拠があることをご主人に伝えて、慰謝料の額を請求する方法です。

この方法は私が実際にやった方法です。

離婚をしたいと思います。
裁判で勝てる浮気の証拠を持っているので、

弁護士を立てて裁判を起こすつもりです。
ただ弁護士に依頼するなら、弁護士費用もあらかじめ含んだ額を慰謝料として請求します。

元旦那 
いくら欲しいんだ・・・
はぁ?

いくら欲しいんだ?・・・

元旦那
いくら支払えば裁判は起こさないんだ。
300万円。
元旦那
えっ、300万円・・・。
そんなに払えない。
そうですか。
それなら弁護士に依頼して裁判を起こします。
浮気の証拠があるので、私は勝てるからいいですよ。
労力もかかるし弁護士費用もお互いかかります。
あなたが支払う金額は、300万円より高くなるけどいいんですね。
わかりました。それなら今から弁護士に依頼をしに行きます。
元旦那
ちょと待ってくれ。
待っても同じなので弁護士に依頼します。
話し合いで終われば、お互い裁判で消耗もしなくてすむし仕事も休まなくていい。
それに、あなたが支払う金額も少なくて済むと思っただけです。
これ以上、話しても無駄なら裁判を起こすだけです。
元旦那
払う。ただ300万円は高すぎて払えない。
200万円にしてくれ。それなら払う。
200万円? これ以上話しても無駄ですね。
これから弁護士に依頼しに行きます。
元旦那
わかった。300万円払う。

私は、面倒くさいから裁判はしたくないと思ってました。

裁判といっても、まずは調停です。

調停をすると、浮気の慰謝料が決まるまで時間がかかります。

調停委員と話をするのも面倒くさいなと思ってました。

面倒くさいことはなるべくしたくなかったけれど、浮気の慰謝料はきっちり払ってもらいたいと思っていたので、こういう方法にしました。

話し合いといっても、交渉なんですよね。

本音は、きっちりと浮気の慰謝料がとれればいい。

でも、話し合いの時は、

【浮気の慰謝料払え。証拠を持っているんだから絶対負けないよ。私が言った額を払わなかったら裁判でとことん戦うよ。】

という気持ちで、臨みました。

夫婦のかたちは、それぞれなので話し合いかたも違ってくると思います。

あなたの参考してくださいね。

 

話し合いで浮気の慰謝料の金額が、すぐ一括で支払われる場合はいいのですが、分割で支払いたい、とある日まで待ってという約束になってしまうことがあります。

相手にとっては大きな金額ですから、すぐ支払うのは無理という場合がありますよね。

その場合は、書類として約束を残すために示談書を作る方が多いと思いますが、これはおすすめできません。

示談書は、ただの約束した証でしかないので、もしちゃんと支払われなかった場合は、裁判所に訴訟を起こさなければならなくなってしまいます。

示談書を作っても、支払いが確実に約束されているわけではないので安心できませんよね。

そこでおすすめしたいのは、公正証書(強制執行認諾文言付き公正証書)を作ることです。

公正証書を作れば、浮気の慰謝料が支払われなかった場合は強制執行ができます。

強制執行は裁判所に申し立てをするだけで、銀行の預金を差し押さえたり、給料を差し押さえたりして、あなたに支払われる浮気の慰謝料を回収できる仕組みです。

なので、浮気の慰謝料が一括ですぐ支払われない場合は、公正証書を作ってくださいね。

公正証書は、浮気の慰謝料がすぐに一括で支払われない場合以外にも、養育費についての取り決めなどに使えますから、話し合いで決着をつける協議離婚をする場合は利用できることが多いので利用してくださいね。

 

裁判でも使える動かぬ浮気の証拠は、実際に裁判で使わなくても持っているだけで有利に話し合いを進められます。

ただでさえ心が弱っている時なので、中途半端な浮気の証拠だと相手から強く言われてしまうと、弱腰になってしまいますよね。

結婚相手の浮気が原因での離婚の場合は、家族よりも友達よりも弁護士よりも「裁判で使える浮気の証拠」が、何よりもあなたを守ることになります。

 

話し合いだけの裁判をしない浮気の慰謝料請求でも、弁護士を立てて話し合いを進めることもあります。

 

旦那さんと二人で話し合うことができない場合は、旦那さんと浮気相手に浮気の慰謝料請求の内容証明郵便を送ります。

弁護士か行政書士に依頼して、内容証明郵便を作ってもらうことをおすすめします。

 

弁護士と行政書士どっちに頼んだらいい?
と悩むかたもいらっしゃると思います。

内容証明で送る書類を作るだけで、その後に何かお願いすることがなければ行政書士です。

書類を作るだけなら弁護士より行政書士のほうが費用が安く済みます。

 

弁護士に頼んだほうがいい場合は?

・浮気の慰謝料の話し合いがうまくいかないから直接相手と交渉して欲しい。

・調停に行くときに弁護士についてきて欲しい。

・自分は調停に出席したくないから代理人として弁護士に代わりに出席して欲しい。

などの場合は、行政書士にはできないので弁護士に頼んだほうがいいでしょう。

(イメージ図)

 弁護士調停

行政書士は弁護士が作るの一部の書類を作る仕事ができます。

相手側が慰謝料の請求に応じれば解決しますが、浮気の慰謝料の請求を拒んだり、浮気の慰謝料の支払いは応じるけれど全額は応じられない場合があります。

あなたが浮気の慰謝料の減額に納得できれば、そこで解決しますが、そうでない場合は裁判に進むことになります。

 

調停で浮気の慰謝料を請求する方法

裁判といっても、すぐ裁判をするわけではなく調停を家庭裁判所に申し立てます。

ご主人に対する慰謝料請求の調停の申し立ては家庭裁判所へ、浮気相手への慰謝料請求の調停の申し立ては簡易裁判所になります。

浮気の慰謝料を請求するには、離婚前ならば離婚調停(夫婦関係調整調停)で浮気の慰謝料請求の他にも養育費、財産分与、年金分割なども一緒に話し合うことができます。

離婚後に浮気の慰謝料を請求するには、家庭裁判所に「慰謝料請求調停」を申し立て浮気の慰謝料を請求します。

まとめると浮気の慰謝料を請求するには、2種類ある調停のどちらかになります。

離婚前

離婚調停

(夫婦関係調整調停)

・慰謝料について

・子どもの親権者について

・子供との面会について

・養育費

・財産分与

・年金分割の割合

など

収入印紙1200円分

連絡用の郵便切手800円分位  

離婚後 慰謝料請求調停 ・慰謝料について

調停は、1回いくらかかるというものではありません。

その都度かかる費用といえば、必要になる書類、交通費くらいの金額です。

調停が長引いてしまうと、揃える書類が増えるための費用や交通費が増えていきます。

調停が成立したときにかかる費用も2,000円くらいと考えておけば大丈夫です。

 

浮気相手への浮気の慰謝料請求は、簡易裁判所に民事調停の申し立てをします。

申し立ての手続きは、簡単でひとりでもできるものです。

手数料は、浮気の慰謝料の金額によって変わりますが500円〜数万円です。

 

ここで気をつけておきたいことは浮気の慰謝料は、あなたがふたりの浮気によって傷ついた精神的な苦痛に対する浮気の慰謝料ということ。

例えば、あなたの精神的な苦痛に対する浮気の慰謝料が500万円だった場合、ご主人が浮気の慰謝料の500万円をあなたに支払っていたら、浮気相手が支払うべき金額を含めて、ご主人が浮気の慰謝料を支払ったことになるので、浮気相手への浮気の慰謝料請求はできなくなります。

浮気の慰謝料は、浮気したふたりが共同で責任をとって浮気の慰謝料を支払うということ(不真正連帯責任)なのです。

ここは、ちょっと納得したくないことだと思います。

別々にきっちりと浮気の慰謝料を支払わせたいところですよね。

でも、浮気の慰謝料の話し合いがまとまらなくて、調停になる場合は、このことを知っていれば2つの調停でなく1つの調停ですませることができますよね。

各地の裁判所一覧はこちら>>

 

調停ってどんなところ?

裁判所で行われる調停ですが、裁判とは違って調停室で話し合います。

裁判官の他に弁護士や専門知識を持った調停委員が男女一人ずついて、申し立てた人と申し立てられた人の間に立って話を進めていきます。

裁判官は、いつも調停で調停委員と一緒に話し合いに立ち会うわけではなくて、調停委員に話し合いの内容の説明を受けて最終的に話をまとめます。

あなたと相手は、交互に調停室に呼ばれて話をしていきます。

調停委員は、お互いが納得できるように話し合いの間に入ってくれます。

裁判所は、あなたと相手が別々の待合室(控え室)で待てるようになっています。

相手が調停委員と話している時は、あなたは待合室(控え室)で待っていて、相手の話が終わると相手は待合室(控え室)に戻ります。

今度は、あなたが調停委員に呼ばれて調停委員と話します。

なので相手と顔を合わさないで話し合いがすすめられます。

調停に行って、バッタリ相手と会ってしまうということは、まずありません。

裁判とは違い非公開なので、プライバシーが守られています。

あなたが調停委員と話をする時に、ご主人と浮気相手の裁判でも使える浮気の動かぬ証拠を提出すれば、話し合いがとてもスムーズに進むことは想像できますよね。

うまく話し合いがすすめば1回の調停で終わりますが、大体は数回の話し合いになります。

話し合いでお互い納得できれば、調停は成立して「調停調書」が作られます。

調停調書」は、強制執行の申し立てができます。

強制執行は、浮気の慰謝料などが支払われなかった場合は、給料の差し押さえ・預金口座の差し押さえができるので大切に保管しておいてくださいね。

調停委員は公平で中立です!

とはいえ実際調停を経験したかたの感想は
「中立とは思えなかった。」
という声もあります。

調停委員も裁判官も人間ですし、公平中立を心がけていてもできなくなることもあるかもしれませんね。

悪いのは浮気をした相手なので、調停委員を怖がることもないですし、緊張する必要もありません。

それでも調停に行くときは、清楚な身だしなみにして、言葉遣いなどは気をつけて調停委員への印象が良くなるような心がけはしておいたほうがいいでしょう。

調停での話し合いがまとまらず不成立になったら離婚訴訟を起こして裁判離婚になります。

裁判離婚の場合は、裁判所での口頭弁論や複雑な手続きなどがあるので弁護士に依頼したほうがいいでしょう。

あなたは、裁判離婚では調停が不成立ということと、離婚裁判を起こすための必要条件の法廷離婚原因の「不貞」が揃っています。

この裁判では、ご主人と浮気相手の「浮気の証拠」が大きな役割をします。

 

浮気の慰謝料が決まるまで、ご主人と浮気相手の裁判でも使える浮気の動かぬ証拠は、あなたの強い味方になります。

 

浮気調査が依頼できる評判のいい探偵・興信所ガイド

-未分類

Copyright© 【浮気調査が依頼できる評判のいい探偵・興信所ガイド】全国版! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.