浮気調査が依頼できる評判のいい探偵・興信所

【浮気調査が依頼できる評判のいい探偵・興信所ガイド】全国版!

未分類

浮気の証拠をつかんで慰謝料を請求するには

投稿日:

浮気の慰謝料

浮気の慰謝料をしっかり請求するには?

慰謝料は、「浮気の慰謝料請求」や「不倫の慰謝料請求」などの法律はありません。

浮気の慰謝料は、民法709条の「故意または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う」という法律で請求できます。

故意または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害した者は、ご主人と浮気相手です。

「結婚しているご主人と結婚していることを知って不倫関係にあった浮気相手は、法律で守られている家庭を壊し妻のあなたをひどく傷つけたので浮気の慰謝料を払う責任がある。」ということです。

だからあなたは堂々と、浮気の慰謝料を請求するべきなのです!

浮気の慰謝料が請求できる条件をしっかり知っておくことが、浮気の慰謝料を請求する時に大切なのでまとめました。

浮気の慰謝料を請求できる浮気とは、本人の意思で配偶者以外の異性と肉体関係のある交際です。

そして民法709条の「故意または過失によって・・・」にあてはまることです。

これは、浮気相手がご主人が結婚していることを知っていること、またはご主人が結婚していることを知っているはずということです。

ご主人が独身と嘘をついて浮気相手と付き合っていた場合は、浮気相手に浮気の慰謝料を請求することは難しくなります。

 

浮気の慰謝料の相場は?

浮気の慰謝料の相場はいくらぐらいなのか気になりますよね?

浮気の慰謝料の相場は、離婚しない場合は50万円〜100万円、離婚する場合は100万円〜500万円です。

浮気の慰謝料は、浮気した二人が合わせてあなたに支払うことになります。

 

浮気の慰謝料が高くなるポイントもまとめました。

・ご主人が浮気する前は夫婦仲が良かったか

・結婚して何年目か

・浮気の後の離婚か

・浮気の期間が長い・肉体関係の回数が多い

・相手の収入

があります。

浮気の慰謝料を請求するには、ご主人の浮気の証拠が必要です。

そして浮気の証拠は、ご主人と浮気相手の肉体関係が予想しやすいものほど裁判で使える強い浮気の証拠になります。

 

自分で浮気の証拠をつかむことのリスクは?

ご主人の浮気に気がつくと、携帯・スマホ・カバンの中・服のポケット・車の中などチェックしたくなります。

そして浮気の証拠を、自分で掴もうとしたくなりますよね。

ご主人は浮気をしているのですから、怪しまれるものはできるだけ隠したり処分しているはずです。

なので手に入れることができる証拠は、浮気の証拠としてはとても弱いものです。

ないよりはあったほうがいいのですが、あなたが浮気の証拠を調べていることに、ご主人が気がついてしまうリスクが高くなります。

警戒心が強い男性の場合は、あなたが自分の浮気の証拠を掴もうとしているかどうかチェックするために、わざと仕掛けをつくることがあるのですよ。

ご主人があなたが浮気の証拠を掴もうとしていると感づいてしまったら、本当に必要な言い逃れできない裁判で勝てる動かぬ浮気の証拠は手に入らなくなってしまいます

そして一番しないほうがいいことは、ご主人と浮気相手のデートの現場に行くことです。

これは自分で思っているより精神的にダメージを受けることになります。

何年もフラッシュバックに悩まされることがあります。

また旦那の浮気という、ひどい体験をした後はパニック障害やうつ病になり精神科や心療内科で長く治療しなければならなくなる方も多いのです。

 

離婚は乗り越えられますが、心が病んでしまったら大変です。

公務員だった私の友人は、旦那の浮気現場を目撃して離婚しました。

そして、離婚から数ヶ月後うつ病になりましました。

公務員なので3年間仕事を休むことができたのですが、3年間休んでもうつ病はどんどん悪くなってしまいました。

結局、退職するしかなくなりました。

退職金が出たのですが、数年後は生活保護を受けることになってしまったんです。

 

心を守るには、精神的ダメージをいかに受けないかということが大切です。

だれかに任せられることは任せたほうがいいのです。

言い逃れできない動かぬ浮気の証拠はどんなもの?

ズバリ、肉体関係があったとわかるものです。

肉体関係の写真や動画というのは手に入れることは、まず無理だと思います。

なので、誰が見てもこれは肉体関係があると思えるものが強い動かぬ浮気の証拠になります。

・ご主人と浮気相手が、二人でラブホテルに入っていく写真

・ご主人と浮気相手が、二人で旅行に行ったとわかる領収書

などです。

ご主人と浮気相手の肉体関係がより確実と思える証拠ほど浮気の慰謝料が高くなります。

 

裁判で慰謝料を請求できる動かぬ浮気の証拠は、裁判官が見ても納得できるものが必要です。

たとえば、ラブホテルに入っていく二人の顔がはっきりとわかる写真です。

 

確実に裁判で勝てる動かぬ浮気の証拠をつかむには、浮気の証拠をつかむことに慣れているプロの探偵に任せたほうがいいのです。

プロの探偵なら、経験から裁判で勝てる動かぬ浮気の証拠かどうかもわかります。

 

浮気調査が依頼できる評判のいい探偵・興信所ガイド

-未分類

Copyright© 【浮気調査が依頼できる評判のいい探偵・興信所ガイド】全国版! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.